2007年05月17日

大江戸ロケット 第7話「トンデモない飛んだ女」

昨日の放送見逃したので今日見ました。東京万歳!


今回はからくり職人の新佐にスポットが。ただの脇役かと思いきや、結構すごい奴だったんですねw

協力を依頼されてからくり(というか巨大ロボット)の製作をする新佐。その後、相方と別れて雨の中を帰るが・・・

次の日、新佐が例の一連の事件でやられたという噂が銀さんから長屋のみんなに届けられる。

それは間違いで、殺されたのは相方の方(傘を新佐のものを使っていたため間違えられた)。
本人もピンピン。

それなのに早とちりした長屋の連中は、新佐本人に向かって「お前は殺されたんだ」とか、ありきたりなギャグを銀さん無視でしばらくやってみたりw
完全にわざとやってるだろw
銀さん苦労してるな・・・



あれ、江戸の街にとらのあながあるw
秋葉原(アキバハラ)とかなんとか言ってるしw


脱線してしまったw
続き。


新佐は相方の死で焦ってロボを完成させようとする

誤って発進

街壊滅

ソラ止めに入る

(肝心なところ見逃した...orz)

ソラ正体バレ?


ナンテコッタイ・・・
ちょっと目を離した隙に重要な場面があったらしく、戻ったらいきなりシリアスになってた・・・
なんかソラの正体バレたっぽい

で、問題は最後のシーン・・・
一応、続きを読むで。





江戸で起きていた連続通り魔事件。今までは襲われてたのは女だけで、それは獣人によるものだと思われてたわけですが、ここいらで男も襲われるように・・・

犯人はまさかのあの人。
まあ、前話の段階で何かヤバいことになりそうでしたが・・・

赤井(八丁堀)ィィィィィィィ!!!なんてことを・・・
posted by ピョン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「大江戸ロケット」7話 トンデモない飛んだ女
Excerpt: 赤井が殺しをやるようになってしまって…。 まさかあんなに簡単に人を殺めるようになるとは思わなかったなぁ。 助けたのは女なのかもしれないけどそのためにかぁ? 女と言っていいのかどうかっていうと..
Weblog: 蒼碧白闇
Tracked: 2007-05-17 22:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。